企業法務と会計のガバナンス

レバレッジドバイアウトとは

レバレッジドバイアウト(Leveraged Buyout)はLBOとも呼ばれていますが、
企業買収(M&A)の手法の一つで、借入資金で企業買収をすることです。

 

借入金の担保は買収先企業の資産やキャッシュフローとされ、
買収後はその担保とされた資金や資産が借入金返済の原資に
充てられることになりますので、自己資金が少なくても企業を
買収できるというメリットがあります。

 

まさに蟻が象を飲み込むことが可能になる企業買収の方法が、
レバレッジドバイアウトなのです。

 

綿密な買収先企業の財務分析と今後得られるキャッシュフローを
予測して、金融機関から借り入れできるだけの材料を作成するわけですから、
企業買収する側と金融機関がタッグを組んで買収を仕掛ける構図が、
レバレッジドバイアウトにはあると言えます。

 

この買収方法の効果としては、企業を新規に立ち上げずに
既存の企業を買い取って自己の企業グループの傘下に納めることや、
財務状況から十分な利益を上げていない企業を買収して、
経営刷新により企業再生することも可能になります。

 

レバレッジドバイアウトの一般的な手続きとしては、
買収側は買収目的のみのシェルカンパニーを作って、
買収資金の準備を行います。

 

買収資金は投資家からの投資や金利の高いジャンクボンドと
呼ばれる社債を発行しますが、不足する部分は金融機関からの
借入金を充てることになります。

 

買収が成功した後は、買収先企業とシェルカンパニーは合併し、
買収先の企業のキャッシュフローや資産の売却益から
借入金を返済していくことになります。

 

資産やブランド力は豊富なのに、それに見合った収益を
上げていないし加えて借入金も少ないといった企業が
買収先として狙われやすいのかもしれません。

 

レバレッジドバイアウトの日本における実例としては、
ソフトバンクによるボーダフォン日本法人の買収が有名です。